2017-05

軸距が短い動力が欲しい!

こんばんは!

自宅療養中のポンコツリベットです。

最近ちょっと聴く音楽の嗜好が変わってきました。
基本的にはあんまり変わってないのですが、変わったものを聴く様になりました。
最近聴く様になったのは「They Might Be Giants」とか「Primus」とかの早くもないし重くもない音楽です。「They Might Be Giants」はどちらかというと可愛らしいロックで「Primus」は変態ベーシストがいるこれも一風変わったロックです。入院中にも「The President Of The United States Of America」とか「TUNE-YARDS」とか聴いてました。

と、音楽の話は置いといてタイトルの話題に戻ります。

私の作る車両はなにかプロトタイプがある訳じゃなくて本当に自由に作る「自由形」ばかりです。要はショーティーな車両です。
一応ポリシー(?!)もあって極端なデフォルメはしない、ということです。
車体がショーティーであるなら台車もショーティーじゃないとミスマッチになりますな。
で、鉄道模型的な何かを作っているリベットおじさんは動力を作るとか自動往復のレイアウトを作るとかコントローラを自作するとかそういう工作が全く未経験なので動力に関しては既製品を使ってます。ただ走りが安定している動力ユニットは軸距が長めだったり、短いけど1万円を超える高価なものだったりしててあまり使い勝手がよろしくないのです。
津川洋行さんのデキ動力は軸距が8mmでしかもモーターがセンター配置なので非常に理想的な形状なのですがいかんせん1軸駆動なためトルクがなくミニパイクなど走らせると空転ばかりしてしまいますのでウェイトをだいぶ載せないとダメっぽい。同じく津川洋行さんの7t入替車動力も軸距は9mmでこちらは2軸駆動なのですがモーターの配置が後方なので作れる車両の形状が限定されてしまいます。
ワールド工芸さんのTU-13は軸距が約13mmでそこそこの値段では一番軸距の短い動力だと思います。走りも安定してますし。プラシリーズのデキ3は手元にキットがないので軸距がどのくらいなのかわかりませんがもしかしたら一番使い勝手が良さそうです。
クラフトさんのは軸距が選べて最短で10mmですが組み立てが難しいらしく組み立てまでお願いして購入すると1万円超えてしまいます。走りはスムーズで良いのですが・・・。

ならば作るしかないだろと。
駄菓子菓子! ちょっと前に試しに作ったことがありますがなぜか前には進むもののバックができないという謎仕様の動力が出来上がりました。しかもモーターの位置を後部に持ってきてしまったため軸距は短いのですが動力自体の長さが長くなり考えていた車体に収まらないというw
モーターの位置やら結構シビアにセッティングしないとアカンらしくその時点で一回諦めました。
でもそうも言ってられないので再びチャレンジしたいと思ってます。

使うのはKATOさんの「小形車両用動力ユニット 通勤電車1」です。この台車の軸距が10mmでなかなか短い。これの動力側ではないボギー台車にギア付き車輪を取り付けられるように加工して作成するつもりです。

161011_daisha.jpg 
こんな感じに加工しますた。モーターをセンター配置にすれば台車内に全て納まりますので作りたい大きさの車体が作れる(予定)。

さてうまくいくかな。
フォロワーさんですでに作成した方がいらっしゃって「ウェイトたくさんないと走らないよ」と早速アドバイスもいただき頑張ってみたいと思います。

動力が作れれば車体の制約もだいぶ無くなるしなによりお財布に優しいので是非成功させたいと思います。これがうまくいけばもっと軸距の短い動力台車も夢ではない?

では!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://grotz.blog.fc2.com/tb.php/149-b326e31f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

軸距が短い動力が(一応)できました!+戦闘機プラモ «  | BLOG TOP |  » リハビリついでに軽便鉄道模型祭

プロフィール

リベットおじさん

Author:リベットおじさん
雑食モデラーのアラフィフおじさんです。小さい模型が好きです。ここ数年間、動く模型に目覚めて9mmゲージの動力を使った鉄道模型の様なものを作ってます。ですが鉄道模型も鉄道も詳しくないです(´Д` )

counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
GWキット (3)
独り言 (41)
模型 (9)
鉄道模型 (83)
イベント (16)
進捗&近況 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する