2017-06

軸距が短い動力が(一応)できました!+戦闘機プラモ

おはようございます。

自宅療養中のリベット”ポンコツ”おじさんです。
今週末から会社復帰します。休んでしまった分はお世話になった方の分までできるだけ頑張っていきたいと思ってます。

前回のポストでKATOさんのBトレ用動力使って動力を(半)自作したいと書きましたが、いろいろトラウマもありなかなか踏ん切りがつかなかったのですが有り余る時間ももったいないのでチャレンジしました。前回はボギー台車の加工まで行いました。その後モーターのマウントをどうするか考えた結果、トーマモデルワークスさんの「ころころ動力」のエッチング板を加工して台車に固定しようとしました。そのままボギー台車の内側のサイズで切り出すと車輪と干渉してしまいますので当たってしまうところをカット。付属のM1.4でモーター固定して台車に両面テープで仮固定して走行の調整を行います。ウェイトもつけいざテスト。最初はうんともすんとも言わずトラウマが蘇りましたがあっちこっち触ってるうちに動き出しました。よしよし、では動画撮ってツイートすんべとスマホ片手にセッティングしてたところレールから飛び出し作業部屋分室の作業台から約70cm下の床にダイブ!バラバラになりました○| ̄|_。パーツがバラけただけなら組み立て直せばいいのですが(まだ仮固定だったので)なんと台車枠がボッキリと! Oh My God!

161019_douryoku_broke.jpg 
落ち着けおっさん、まだな・な・なんとかなる・る・ると動揺しつつタミヤのABS接着剤で固定することを試みましたが翌日、無残にもその希望は打ち砕かれました・゚・(つД`)・゚・
くっつくにはくっついたのですがとてもじゃないけど集電板と車輪を支えるほどの強度もなく一から作成し直しになりました。

セカンドチャンスは失敗したことを教訓に(といっても落とさなければよかっただけなんですがw)構造を再考しました。んでこんな構成になりました。

161019_douryoku_parts.jpg 
モーターのマウントはプラ板に変更しました。動力用に新規にばらしたときにモーターもウォームギアも集電板も車輪も新しいものに交換。マウントはエッチング板をテンプレートにしてモーター差し込み穴と固定用のネジ穴を開けました。このままだと車輪に干渉するので一部カット。組み立てしてとりあえず配線前に動作チェックしたところ微調整して動くようになりました。その後マウントと台車の固定でネジ止めを考えてたのですがネジ穴開けて台車枠壊すのが怖かったので今回はエポキシ接着剤で固定にしました。2液混合の1分硬化タイプを使用。まぜまぜして台車と合体させモーター回しながら微調整。1分しかないので慎重に迅速に。その後配線を半田付けして完成です。

161019_douryoku_finish.jpg 
ウェイトはまだ仮置きでブルタックで仮止めしてます。このままだと車体と干渉します。今の所ウェイトは9gつけてますが走行がガタつくのでちょっと調整が必要です。
※もしかして前輪駆動にしてるからガタつくのかなぁ。バック走行だと比較的落ち着いてるんですよ。
で、プラ板の端が車体の前後の接合部分になります。なのでこの中に収めないと・・・。

161019_douryoku_close.jpg 
アップだとこんな感じ。結構単純な仕組みなのですが(最初作ったときもそう思ってた)なかなか奥深いですな。潤滑油はいつもはタミヤのグリス使ってますが今回はベルハンマー使いました。何かの展示会のときに試供品で頂いたものですが結構な量があって鉄道模型的な何かを作るにはこの先再購入しなくても良さそうです( ^ω^ )

あとは車両ですな。大体の構想は出来てますんでそれをベースに作っていきたいと思います。

おまけ

161019_SE5a.jpg 
実は車両もできてないのにジオラマ(レイアウト?)の構想があって、飛行機を絡めたもの作ってみたいなぁと思ってましてとりあえず手持ちもキットを漁ってました。候補はAirfixの1/72デ・ハビランドタイガーモスかRoden or Italeriの1/72S.E.5a。タイガーモスはAirfixの比較的新しいキットでモールドも成形も素敵なキットです。S.E.5aは私の大好きなWW1戦闘機です。まぁどちらも蛇の目戦闘機ですが^^
で、結局ItaleriのS.E.5aに。これも昨年末に発売されたキットでアルバトロスD.lllとセット販売されてます。2機セットなのに2,000円以下と懐に優しいキットでありますが、これがまたバリも多いし合いも悪いし凸モールドだしこれ本当に新製品なのか?と思わせるものです。もしかしてESCIあたりの古い金型をItaleriが買い取って製品化したのかなぁなんて思ってます、と思ってググったらやっぱりそうでしたw
ESCIの「RED BARON FLYING CIRCUS」という6機セット(!)のキットでした。アルバトロスもあるし・・・。有名どころのWW1戦闘機セットでちょっとだけ欲しくなりましたw

この古い金型を使ってる新製品を組み立ててますがこのままストレートに組むと戦闘機になってしまいますので機銃とかは付けずに軽便な輸送機として作ろうかと。その脇にちょこちょこ動き回る単端、というのを妄想してます。形になるかは置いといてw

ではでは。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://grotz.blog.fc2.com/tb.php/150-26b0ee32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第39回 日本鉄道模型ショウに行ってきました+作業進捗 «  | BLOG TOP |  » 軸距が短い動力が欲しい!

プロフィール

リベットおじさん

Author:リベットおじさん
雑食モデラーのアラフィフおじさんです。小さい模型が好きです。ここ数年間、動く模型に目覚めて9mmゲージの動力を使った鉄道模型の様なものを作ってます。ですが鉄道模型も鉄道も詳しくないです(´Д` )

counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (19)
GWキット (3)
独り言 (41)
模型 (9)
鉄道模型 (83)
イベント (16)
進捗&近況 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する