2017-05

10月下旬進捗やら近況やら

おはようございます!

いやーめっきり寒くなりました。
秋が深まってきましたな。

というわけで職場復帰して最初の週末。
気持ちはそんなに疲れていないのに体は疲れるようでまだ本調子じゃないです。体力回復に専念しないと・・・。
でも模型作業で熱中するとそんなの関係なくなっちゃうんですよね、で後悔みたいなw

さてさて、今作ってるのはこんな感じで進んでます。

161029_singleended_WIP.jpg 
前回のエントリでは部品の切り出しまででしたが箱組みとディティール入れしました。
ボンネットは一部で流行っている細くて丸っこいものにしました。まぁ真似したんですがw 形がかわいいのでつい(´∀`*)
太めのプラパイプをから竹割りしてプラ材に接着。フタして丸く削りボンネットの開く部分にモールド入れラジエータグリルっぽいモールドを0.1mmのプラシートで作りました。向かって左側についてるちらっと見える黄色い物体はエアフィルタもどきでプラッツの1/144ドラム缶キットのフタを接着。向かって右側はジェリカンラックを0.5mmプラ板でこさえました。中身は1/72のジェリカンです。
あと前妻窓の上に庇取り付けました。この時点ではまだ屋根ないですが鉄模連で購入したHOのクーラーパーツをぶった切ってショーティーにして取り付けました。空洞なので中に重りを入れます。

161029_singleended_inside.jpg 
ちなみに中身です。ぎっちりw
多分これ以上は車長を短くできないでしょう。ちなみに内寸14mm×20mmです。モーター替えればもう少しいけるかな。

車両はほぼ工作終わりました。あとは細かいディティールを全体の様子を見て追加します。

S.E.5aは絶賛魔改造中です。

161029_WIP.jpg 
仮ベースに配置。このベースはフレキのスパイク練習用で作ってみたものでエンドレスになってないので実際のベースはちゃんとエンドレスで設計し直します。

着陸脚にトラック用のタイヤがゴツくていい感じです(自画自賛w)
なんとなく歪んで見えるのは実際に歪んでるからですw でもポンコツっぽくていいやとそのまま放置。
あとは荷物ラックを胴体下部と翼上に設けようかと思ってます。空気抵抗?なにそれおいしいのwって感じのヘンテコ複葉機になりそうですw

わんわんおはプライザーの1/72です。一応(自分の中では)スケールはOO9(1/76.2)で考えてます。使えそうなジャンクパーツいっぱい持ってるから^^

チビ単端の屋根はこんな感じになりますがちょっとだけ迷ってて、プラで作り直したい気持ちも無きにしも非ずなんです。でもウェイトのこと考えるとホワイトメタル製で中にもウェイト入れられるのでちょっと悩み中です。後ろのはトーマモデルワークスさんの箱トロです。(Tiny Haulerのミニボックスキャブに引かせてたやつと同じ)これを引かせるかどうかも考え中です。箱トロよりフラットカーの方が合ってるかなと。

あと問題が発覚してて、この状態で走行テストしたのですが車長が短いのにノッポな車体なので安定して走らないのです。重さはそこそこなのですがウェイトのバランスがおかしいので変なところでこけるんですよね、コロッと。ちゃんと考えないとイカんですな。課題満載w

これとは別に考えてる車両もあるので週末はそっちも進められればと思ってます。

では、チャオ!

第39回 日本鉄道模型ショウに行ってきました+作業進捗

おはようございます!

朝晩は寒いのに昼間が微妙な気温にデブの体が悲鳴をあげそうですw
出かけるときに何着ていけばいいのかわからないっすよね。こういう時期に外出すると周りの人の服装がまだまだ夏バージョンの人がいたりコートを羽織ってる人がいたり面白いっすね。

と、本題に。
行ってきましたよ、「第39回日本鉄道模型ショウ」へ!
1年ぶりの蒲田でございます。

161023_keikyukamata.jpg 
まぁ久しぶりなので普通に勘違いしててJR東の「蒲田駅」が最寄りだと思い込んで乗換案内検索してその結果で行動開始したのですが電車に乗ってからふと嫌な予感がして会場の「大田区産業プラザPIO」を検索したところ「京急蒲田駅」が最寄駅ということが判明。蒲田駅から行けないこともないのですが結構歩く(乗換案内だと徒歩15分、チケットには徒歩12分と記載)のですぐに再検索。ちょうど池袋で丸ノ内線に乗り換えられそうだったので急いで下車して乗り換え。東京駅に向かいそこから京浜東北線で品川へ向かいそこから京急に乗り換え。で、予定の時間より10分くらい遅れて到着。あぶなかったw

今回「第39回日本鉄道模型ショウ」に行った理由は幾つかありますが一番の目的は外飲みですw
模型的には動力製作用の部材確保と試作品の見学です。

一番気になっていたのが津川洋行さんの「リニューアルデキ3」です。試走してたの見たのですが客車引いてスローで走ってました。結構スローが効いてていい感じでした。動力ユニットの分売が気になります。

動力周りの買い物は周りの評判でアルモデルさんのモーター各種を購入。色々買いました。戦利品報告は後ほど。

トーマモデルワークスさんの「HOナロー 木曽C型客車」のランナー状態の展示がありそれを見てきました。トーマさんが試作品を触ってもいいとのことで手にしました。とってもバランスが良くて「こりゃやっぱり改造して単端だなぁ」なんて思っててたら「何両か購入して一台は単端、あとは客車として作って引かせたら」と言われ何セットか購入することを約束しました。

で、戦利品です。

161023_senrihin.jpg 
左上がHO用クーラー。今作ってる単端の屋根に使えるかなと思い購入。
それ以外は全てアルモデルさんの商品です。
アルモーター片軸と両軸、アルモーター用取付板×2、フライホイール、ウォームギア、アーチバー台車キット。アーチバー台車はJ兄さんの巧みな営業トークにやられて買ってしまいましたw レールトラックも考えててアルモデルさんの1軸動力と組み合わせて使えればなぁと。

会場を2周ほどしてNGJメンバーと合流して打ち上げへ。(私の快気祝いも同時開催w)

京急鶴見へ移動していつもの「養老の滝」へ。
久しぶりな砂肝ちゃん、おいしかったです( ^ω^ )
でも病み上がりなのでセーブして5時間ほど飲み食いしてました。私は途中から烏龍茶にしましたが。
模型話などで盛り上がりました。
途中で他のモデラーさんも同店で打ち上げしてて何名かは合流してました。私は名前は知ってましたが面識はないのでご遠慮させていただきました。
久しぶりの外飲みは楽しかったです。

161023_yourou.jpg 
お店のロゴが何気にウェザリングしっかりしてて思わずパチリw

帰りはJR東の蒲田駅から。乗り換え一回で楽チンでした、ずっと座れたし。

ここまでは「第39回日本鉄道模型ショウ」の報告。以下は作成中の模型の進捗です。

161023_se5a_WIP.jpg 
Italeri(旧ECSI)の1/72 S.E.5aです。ストラット(翼間支柱)を取り付けました。バリがバリバリw
整形して上段翼のみに接着。下段翼とは写真奥にチラリと見える「貼ってはがせる糊 ピットマルチ2」で仮付けしてます。塗装と張り線加工のためです。張り線がどこまでできるか疑問ですがw
着陸脚の支柱はキットのものを使うか新調するか迷ってます。このパーツもバリがバリバリなのでw
タイヤは同スケールのトラック用を履かせて無骨な感じに。尾橇はキットのものを取っちゃったのでタイヤ付きに変更します。機体下部と上段翼の上に荷物用のラックをつける予定です。遅いけど軽便な輸送機というオレ設定でw

単端は車体のパーツ加工まで進みました。

161023_single_ended_WIP.jpg 
0.5mmのプラ板の2枚重ねで各板の接着までしかしてません。角を丸くするか、かっちり角を出してリベット植えるか迷ってます。今まで作った車両の中で一番小さい(はず)です。エンジンフードを除く全長22mm全幅16mmの車体です。エンジンフードはなぜか一部で流行ってるFOWLERの真似しようかなとw 屋根は車体重量稼ぎのため0.5mmの真鍮板を2枚重ねて半田付け。この上にプラ材とかパテ使って整形します。HO用のクーラーもちょっと試してみたいです。屋根関係は試行錯誤が続きそうです。

と、楽しい週末を過ごしてます。今日も家の諸々終わらせて作業したいと思います。そうだ、作業部屋分室も閉鎖して本部屋に戻さないと。

では!

軸距が短い動力が(一応)できました!+戦闘機プラモ

おはようございます。

自宅療養中のリベット”ポンコツ”おじさんです。
今週末から会社復帰します。休んでしまった分はお世話になった方の分までできるだけ頑張っていきたいと思ってます。

前回のポストでKATOさんのBトレ用動力使って動力を(半)自作したいと書きましたが、いろいろトラウマもありなかなか踏ん切りがつかなかったのですが有り余る時間ももったいないのでチャレンジしました。前回はボギー台車の加工まで行いました。その後モーターのマウントをどうするか考えた結果、トーマモデルワークスさんの「ころころ動力」のエッチング板を加工して台車に固定しようとしました。そのままボギー台車の内側のサイズで切り出すと車輪と干渉してしまいますので当たってしまうところをカット。付属のM1.4でモーター固定して台車に両面テープで仮固定して走行の調整を行います。ウェイトもつけいざテスト。最初はうんともすんとも言わずトラウマが蘇りましたがあっちこっち触ってるうちに動き出しました。よしよし、では動画撮ってツイートすんべとスマホ片手にセッティングしてたところレールから飛び出し作業部屋分室の作業台から約70cm下の床にダイブ!バラバラになりました○| ̄|_。パーツがバラけただけなら組み立て直せばいいのですが(まだ仮固定だったので)なんと台車枠がボッキリと! Oh My God!

161019_douryoku_broke.jpg 
落ち着けおっさん、まだな・な・なんとかなる・る・ると動揺しつつタミヤのABS接着剤で固定することを試みましたが翌日、無残にもその希望は打ち砕かれました・゚・(つД`)・゚・
くっつくにはくっついたのですがとてもじゃないけど集電板と車輪を支えるほどの強度もなく一から作成し直しになりました。

セカンドチャンスは失敗したことを教訓に(といっても落とさなければよかっただけなんですがw)構造を再考しました。んでこんな構成になりました。

161019_douryoku_parts.jpg 
モーターのマウントはプラ板に変更しました。動力用に新規にばらしたときにモーターもウォームギアも集電板も車輪も新しいものに交換。マウントはエッチング板をテンプレートにしてモーター差し込み穴と固定用のネジ穴を開けました。このままだと車輪に干渉するので一部カット。組み立てしてとりあえず配線前に動作チェックしたところ微調整して動くようになりました。その後マウントと台車の固定でネジ止めを考えてたのですがネジ穴開けて台車枠壊すのが怖かったので今回はエポキシ接着剤で固定にしました。2液混合の1分硬化タイプを使用。まぜまぜして台車と合体させモーター回しながら微調整。1分しかないので慎重に迅速に。その後配線を半田付けして完成です。

161019_douryoku_finish.jpg 
ウェイトはまだ仮置きでブルタックで仮止めしてます。このままだと車体と干渉します。今の所ウェイトは9gつけてますが走行がガタつくのでちょっと調整が必要です。
※もしかして前輪駆動にしてるからガタつくのかなぁ。バック走行だと比較的落ち着いてるんですよ。
で、プラ板の端が車体の前後の接合部分になります。なのでこの中に収めないと・・・。

161019_douryoku_close.jpg 
アップだとこんな感じ。結構単純な仕組みなのですが(最初作ったときもそう思ってた)なかなか奥深いですな。潤滑油はいつもはタミヤのグリス使ってますが今回はベルハンマー使いました。何かの展示会のときに試供品で頂いたものですが結構な量があって鉄道模型的な何かを作るにはこの先再購入しなくても良さそうです( ^ω^ )

あとは車両ですな。大体の構想は出来てますんでそれをベースに作っていきたいと思います。

おまけ

161019_SE5a.jpg 
実は車両もできてないのにジオラマ(レイアウト?)の構想があって、飛行機を絡めたもの作ってみたいなぁと思ってましてとりあえず手持ちもキットを漁ってました。候補はAirfixの1/72デ・ハビランドタイガーモスかRoden or Italeriの1/72S.E.5a。タイガーモスはAirfixの比較的新しいキットでモールドも成形も素敵なキットです。S.E.5aは私の大好きなWW1戦闘機です。まぁどちらも蛇の目戦闘機ですが^^
で、結局ItaleriのS.E.5aに。これも昨年末に発売されたキットでアルバトロスD.lllとセット販売されてます。2機セットなのに2,000円以下と懐に優しいキットでありますが、これがまたバリも多いし合いも悪いし凸モールドだしこれ本当に新製品なのか?と思わせるものです。もしかしてESCIあたりの古い金型をItaleriが買い取って製品化したのかなぁなんて思ってます、と思ってググったらやっぱりそうでしたw
ESCIの「RED BARON FLYING CIRCUS」という6機セット(!)のキットでした。アルバトロスもあるし・・・。有名どころのWW1戦闘機セットでちょっとだけ欲しくなりましたw

この古い金型を使ってる新製品を組み立ててますがこのままストレートに組むと戦闘機になってしまいますので機銃とかは付けずに軽便な輸送機として作ろうかと。その脇にちょこちょこ動き回る単端、というのを妄想してます。形になるかは置いといてw

ではでは。

軸距が短い動力が欲しい!

こんばんは!

自宅療養中のポンコツリベットです。

最近ちょっと聴く音楽の嗜好が変わってきました。
基本的にはあんまり変わってないのですが、変わったものを聴く様になりました。
最近聴く様になったのは「They Might Be Giants」とか「Primus」とかの早くもないし重くもない音楽です。「They Might Be Giants」はどちらかというと可愛らしいロックで「Primus」は変態ベーシストがいるこれも一風変わったロックです。入院中にも「The President Of The United States Of America」とか「TUNE-YARDS」とか聴いてました。

と、音楽の話は置いといてタイトルの話題に戻ります。

私の作る車両はなにかプロトタイプがある訳じゃなくて本当に自由に作る「自由形」ばかりです。要はショーティーな車両です。
一応ポリシー(?!)もあって極端なデフォルメはしない、ということです。
車体がショーティーであるなら台車もショーティーじゃないとミスマッチになりますな。
で、鉄道模型的な何かを作っているリベットおじさんは動力を作るとか自動往復のレイアウトを作るとかコントローラを自作するとかそういう工作が全く未経験なので動力に関しては既製品を使ってます。ただ走りが安定している動力ユニットは軸距が長めだったり、短いけど1万円を超える高価なものだったりしててあまり使い勝手がよろしくないのです。
津川洋行さんのデキ動力は軸距が8mmでしかもモーターがセンター配置なので非常に理想的な形状なのですがいかんせん1軸駆動なためトルクがなくミニパイクなど走らせると空転ばかりしてしまいますのでウェイトをだいぶ載せないとダメっぽい。同じく津川洋行さんの7t入替車動力も軸距は9mmでこちらは2軸駆動なのですがモーターの配置が後方なので作れる車両の形状が限定されてしまいます。
ワールド工芸さんのTU-13は軸距が約13mmでそこそこの値段では一番軸距の短い動力だと思います。走りも安定してますし。プラシリーズのデキ3は手元にキットがないので軸距がどのくらいなのかわかりませんがもしかしたら一番使い勝手が良さそうです。
クラフトさんのは軸距が選べて最短で10mmですが組み立てが難しいらしく組み立てまでお願いして購入すると1万円超えてしまいます。走りはスムーズで良いのですが・・・。

ならば作るしかないだろと。
駄菓子菓子! ちょっと前に試しに作ったことがありますがなぜか前には進むもののバックができないという謎仕様の動力が出来上がりました。しかもモーターの位置を後部に持ってきてしまったため軸距は短いのですが動力自体の長さが長くなり考えていた車体に収まらないというw
モーターの位置やら結構シビアにセッティングしないとアカンらしくその時点で一回諦めました。
でもそうも言ってられないので再びチャレンジしたいと思ってます。

使うのはKATOさんの「小形車両用動力ユニット 通勤電車1」です。この台車の軸距が10mmでなかなか短い。これの動力側ではないボギー台車にギア付き車輪を取り付けられるように加工して作成するつもりです。

161011_daisha.jpg 
こんな感じに加工しますた。モーターをセンター配置にすれば台車内に全て納まりますので作りたい大きさの車体が作れる(予定)。

さてうまくいくかな。
フォロワーさんですでに作成した方がいらっしゃって「ウェイトたくさんないと走らないよ」と早速アドバイスもいただき頑張ってみたいと思います。

動力が作れれば車体の制約もだいぶ無くなるしなによりお財布に優しいので是非成功させたいと思います。これがうまくいけばもっと軸距の短い動力台車も夢ではない?

では!

リハビリついでに軽便鉄道模型祭

こんにちは!

退院して先生から言われていたのが「とにかく動きなさい」。治りが早くなるそうです。
ですんで日々食べるものなどは買いだめしないでその日食べるものだけを歩いてスーパーなりコンビニに足を運んで買いに行く様にしています。
そういえば手術翌日から病院の廊下を歩きなさいと言われて「うわぁ鬼や・・・」とか思ってましたが入院中はすることがなくてよく歩いてました。それもあって退院が早くなったと思いたいですw
病院の売店が1Fにあり私が居た病室は4Fで結構遠いんです。そこに行ってミネラルウォーターとちょっとつまめるお菓子(ビスコが多かったです)を午前中に買いに行って夕方は夕刊を買いに行く、そんな入院生活でした。また休診日は一般の外来の患者さんもいないので病院内を探索してました。

まぁそういうのがあったので、なら人形町まで行くのもリハビリやなと勝手に解釈して行ってきました。

161010_maruk_menshou.jpg 
会場の綿商会館

本来ならクリッターズクラブの中の人となり色々お手伝いする予定でしたがこのザマですんで持ち込みもなしで午後からの参加でした。

会場に着いてNGJの皆様とご挨拶アンド経緯などの説明を。その後は皆様の作品をじっくり観察。そして物販へ。気になっていたのがトーマモデルワークスさんの「HOナローC型客車プラキット」。試作品が展示してあってパチリ。トーマさんによると何も問題なければ11月にリリースできるとのこと。この客車キットを使って単端作ろうかと画策中です(´∀`*)

161010_maruk_toma_C02.jpg 
161010_maruk_toma_C01.jpg 
ショーティでいいっすなぁ。

あと動力を開発中とのことですがロッド付きの動力が!

161010_maruk_toma_NP.jpg 
ロッド苦手なリベットでもオリジナルが作れる!
嬉しっす。

あと気になっていたのがアルモデルさんの1軸動力。
これは当日アルモデルさんのウェブサイトに告知してあったのを発見して欲しいなぁと。
入院中にへたっぴな落書きを幾つかアップしてましたが片ボギー車が気になってそればっかり描いてました。自分的にはボギー側に動力をと思ってたのですが1軸側でもいいかなと。で、2つ購入。
ちなみに購入したのはこれだけです。治療費でだいぶかかってしまったので我慢我慢(´・_・`)

あとは巨匠のブースへ。
相変わらず人だかりが途切れずちょっとお話もしたかったのですが写真だけ撮って退散。

161010_maruk_moro01.jpg 
161010_maruk_moro02.jpg 
この軸距が異様に短い動力は自作なんでしょうなぁ。こういう動力が作れれば表現が広がリングなのになぁ。まぁ勉強っすな。

で、出展に戻り色々とお話。

気を使っていただき途中椅子に座らせて頂いたりしましたが、だいぶHPが削られた感がしてきたので4時前に会場を後にしました。

まだご挨拶もできてない方もいましたがちょっと限界に近づいたっぽいので後ろ髪引かれる思いで帰路につきました。

ご挨拶出来なかった方、申し訳ありませんでした。

あと快気祝いを頂きました。ありがとうございます。

多分一番思い出の詰まった軽便鉄道模型祭になったと思います。

健康管理も気をつけて楽しく模型製作再開したいと思います。

ではでは!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

リベットおじさん

Author:リベットおじさん
雑食モデラーのアラフィフおじさんです。小さい模型が好きです。ここ数年間、動く模型に目覚めて9mmゲージの動力を使った鉄道模型の様なものを作ってます。ですが鉄道模型も鉄道も詳しくないです(´Д` )

counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
GWキット (3)
独り言 (41)
模型 (9)
鉄道模型 (83)
イベント (16)
進捗&近況 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する